どう残す!?子どもの記念日や日々の成長の証!

外での撮影は余裕をもって!

七五三や入学式や入園式親も子どもも普段着なれない服を着たり靴を履いて疲れてしまうますよね。そんな時子どもも疲れてしまっていざ、撮影になった時に子どもの笑顔はなかなか出ない、親は笑顔のいい写真を撮ろうと必死になります、笑顔のでない子どもにイライラして悪循環を引き起こしてしまうと思います。そんなときは子どもも親も疲れないように無理なく過ごせるようにスケジュールを立てて行きましよう。時間に余裕を持てば多少お互い疲れていても休みながら予定をこなすことで素敵な写真を残すことが出来ると思いますよ。

どう撮影すればいい写真になる!?

一番はやはり子どもの成長が残る写真でしょう。入学式、卒園式などの時は特別な事情がある時を除き、出来るだけ同じような構図で撮影すると良いでしょう。そして、それらの写真を並べて見た返した時に成長を感じることが出来るでしょう。また、望遠機能等を使って遠くから撮影する事で、カメラによる緊張も少なく、ごく自然な写真が出来上がることでしょう。しかし、望遠機能を使うとブレやすいという弱点もありますから、左の手で、しっかりと望遠レンズの中ほどのバランスの良い部分を持ち構えることです。そうすることで素敵な1枚が撮れるでしょう。

子どもの思いをどう整理する!?

最近ではデジカメが主流になり、撮ったは良いけれど撮っただけでプリントアウトしていないやプリントアウトはしたけれど忙しくて整理する時間がないという方は多いでしょう。そんな中でオススメしたいものが1年間を季節ごとに撮影したベストショットのみを集めたアルバムを作ること、また、そのベストショットアルバムは写真のシーンごとに見出しをつけてあげることで子どもと見返した時にコミュニケーションのきっかけにもなりますよ。

スクールフォトの撮影方法にこだわるにあたり、人気のあるカメラマンに依頼をすることが重要なポイントとなります。

Post Author: admin